納豆 ダイエット 代謝

納豆ダイエットは代謝がアップして健康的に行うことができる

 

納豆ダイエットという言葉があるが、方法は1日1パックの納豆を食べるだけでよいのだ。置き換えダイエットではなく、普段の食事に納豆を付け加える方法だ。納豆を付け加えると摂取カロリーが増えるのでかえって逆効果ではないかと思うかもしれないが、納豆を食べると満腹感を感じることができるので、ドカ食いや間食のリスクを減らすことができる。

 

 

また、納豆キナーゼという成分のおかげで血液がサラサラになり、代謝アップが期待できる。ナットウキナーゼの効果は、非常に大きく、代謝を上げることはダイエットに
おいては非常に大きな要素を占める。代謝を上げることは痩せやすい体質を作り上げ、リバウンドのリスクも少なくなる。

 

 

代謝が上がると安静にしていても脂肪が燃えやすくなるという大きなメリットがある。消費エネルギー全体において安静時における基礎代謝がおよそ三分の二を占めることからも、ダイエットにおいて代謝を上げることの重要性は言うまでもない。

 

 

さらに女性ホルモンに似た作用をするエストロゲンはコレステロール値を下げる効果が期待できる。コレステロール値が下がると体脂肪が減り、さらなるダイエット効果が期待できる。そこでダイエット効果を高める納豆の食べ方ですが、食事の前に食べることだ。

 

 

食事の前に食べると満腹感を感じやすくなり、摂取カロリー全体を減らすことができる。そして納豆は発酵食品で、発酵の効果を生かすためには買ってから数日おいてから食べるほうがおすすめだ。さらに効果を高めるためには、キムチをミックスして食べることをおすすめしている。

 

 

キムチに含まれている乳酸菌をプラスすることで腸内環境が良くなり、便通がよくなってデトックス効果が高まり、代謝アップにもつながる。また、キムチのカプサイシンという成分は体温が上昇して脂肪燃焼効果が大きく期待できる。キムチをミックスしたキムチ納豆を食べた後に運動をするとより脂肪が燃えやすくなる。

 

 

納豆ダイエットはすぐに効果が出るわけではなく、気長に行う必要性があるが、薬のような副作用がなくて健康的にストレスを感じることなく手軽に行うことができる方法だ。